これだけは、押さえておきたい!洗い流さないトリートメントと洗い流すトリートメントの違い!

#TREATMENT LAB CASE: 001トリートメントの種類
知ってた?洗い流すトリートメントと洗い流さないトリートメントの違い
普段使い?それとも週に2、3回?トリートメントの頻度と役割は?
知っておきたい!髪の悩みに合ったトリートメントの違い

髪の印象はトリートメントが決める?

髪は女性の印象を大きく左右するもの。髪のツヤやコシが、豊かで上品な印象の決め手です。逆に、髪がパサついているだけで、見た目の印象はかなりダウンしてしまうかも。それでは髪にツヤやコシを出すにはどうしたら?……ということで、毎日のヘアケアにトリートメントを加えることをおすすめします。トリートメントはその種類によって効果も異なりますので、その基本からレクチャー。
髪にツヤのある女性

知ってた?洗い流すトリートメントと洗い流さないトリートメントの違い

トリートメントには、大きく分けて2つの種類があります。

洗い流すトリートメント…シャンプーをした後になじませ、少し時間をおいて成分を浸透させてから洗い流すタイプ
洗い流さないトリートメント…タオルドライの後につけてなじませるタイプ
「洗い流すトリートメント」は髪の内側と外側から髪をケアするので、より浸透しやすく、トリートメント効果が高くなります。

一方、「洗い流さないトリートメント」は使用後に洗い流す必要がないので、「洗い流すトリートメント」と比べて、より手軽に髪をお手入れすることができます。

2タイプのトリートメントを併用すれば、よりていねいに髪をケアすることができますが、トリートメント効果をより高めるためには、ご自身の髪質や状態に合ったものを選ぶことが大切です。

※「洗い流さないトリートメントについて詳しく見る」
http://pantene.jp/ja-jp/brandexperience/lot-article
洗い流すトリートメント洗い流さないトリートメント

普段使い?それとも週に2、3回?トリートメントの頻度と役割は?

普段のヘアケアはシャンプーとコンディショナーで十分だと思っている方も多いかもしれません。しかし、シャンプーは髪や頭皮についたほこりや汚れを洗い落とす役割、コンディショナーは髪の表面を保護するための役割で、髪の内部に働きかけてはくれません。

髪の内部に栄養分を補うことで、ダメージを修復してくれる。髪の水分と油脂分のバランスを整えて、うねりやゴワつきを抑えてくれる。それがトリートメントなのです。特に髪の傷みやパサつき、うねりが気になるときは、毎日のお手入れにトリートメントを取り入れることが必須なのです。

トリートメントは髪の状態を整えることで

1. しっとりしなやかにする
2. ツヤを出す
3. コシを出す

の3つの役割を果たしています。

「トリートメントは週に一度のスペシャルケア」「トリートメントをしすぎると脂っぽくなる?」と思っていらっしゃる方も多いかもしれませんが、そんなことはありません! 

実は紫外線や風にさらされたり、寝ているときに摩擦が起きたり、ただ、指で髪をとかしたりなど、日常生活を送っているだけで、髪はダメージを受けつづけています。さらに、乱暴にシャンプーやブラッシングをしたり、ドライヤーやヘアアイロンを多用するのも髪にはよくありません。毎日のトリートメントは、これらの日々のダメージを軽減して、ツヤやコシのある髪に導いてくれます。毎日のヘアケアを大切にしたいですね。
トリートメントする女性

知っておきたい!髪の悩みに合ったトリートメントの違い

パンテーンでは、ダメージヘアをサポートする「エクストラダメージケア」、パサつきを抑える「モイストスムースケア」、ボリューム髪に導く「エアリーふんわりケア」の3シリーズに、それぞれ洗い流すトリートメントと洗い流さないトリートメントをラインナップ。

トリートメントを初めて使うのであれば、毎日のダメージをその日のうちに補修してくれる「デイリー補修トリートメント」がおすすめです。
#TREATMENT LAB RECOMMENDED髪の悩みに合ったトリートメントで、毎日のヘアケアがおすすめ!
この記事を読んだあなたにおすすめの製品はこちら!
エクストラダメージケアデイリー補修トリートメント
モイストスムースケアデイリー補修トリートメント
エアリーふんわりケアデイリー補修トリートメント
こちらの記事も人気です!
CASE003
CASE006