パンテーンの歴史

パンテーンの歴史

1945 年 | パンテーン誕生

主要成分である「パンテノール」から命名されたパンテーンは、スイスの製薬会社ホフマン・ラ・ロシュ 社によって開発され、ガラスのボトル入りの、高級感溢れる香りが特徴的なプレミアム ヘアケア シリーズとして、ヨーロッパで発売されました。

1960 年代 | アメリカ進出

その後、アメリカに渡ったヨーロッパの人達からの強い要望により、アメリカでもパンテーンの輸入を開始。一流ホテル「ザ・ウォルドーフ=アストリア」や高級デパート「サックス フィフス アベニュー」で富裕層を対象にパンテーンを発売し始めると、瞬く間にニューヨークの様々な店舗で扱われるようになりました。

1975 - 1976 年 |金のキャップ

のちにパンテーンの代名詞ともなる、「金のキャップ」を採用したデザインに変更されて35 年。この「金のキャップ」のパッケージは、今でも多くの女性から愛されています。

1983 年 | より本格的なヘアケアへ

パンテーンは80 年代初め、「触れるたび、美しい髪を感じるケアのために」という新しいキャッチコピーを掲げ、より科学的根拠に基づき、ヘルスケアを意識した製品にラインアップを広げていきました。

1986 年 | ポップカルチャー トレンド

「私が美しいからって、私のこと嫌わないでね」というキャッチコピーは、アメリカ広告史上、最も有名で記憶に残るヘアケア製品のコピーとなりました。そして、1985 年に Procter & Gamble 社がパンテーンを買収すると、一気にその販売網は拡大され、世界中の女性にそのヘアケア技術が提供されるようになりました。

1990 年代初め | 世界中で

パンテーンは、オーストラリア、ニュージーランド、中央ヨーロッパ・東ヨーロッパ、中東、北アフリカ、中南米、韓国、日本と次々に発売され、世界へ広まっていきました。また豊富なヘアケア&スタイリングのラインアップと、「髪の輝きは、髪の健康から。」という健康な髪に特化した Pantene Pro-V® のキャッチコピーにより、さらに世界中に知られることとなったのです。

1995 年 | 販売の数だけ信頼を獲得

ついにパンテーンは、 10 億ドル規模のブランドへと成長を遂げました。

1997 - 1998 年 | 最高のファッションブランド

パンテーンはプレミアム ヘアケア ブランドとして、『Golden Door Salon』、『Ford Models』、『Club Evian』、『Milan Fashion Week』、『Vogue』、『Allure』、『Cosmopolitan』 など、数多くのメディアに取り上げられていきます。

2000 - 2006 年 | 理想の自分へ

「理想の自分」を追求する、というお客様のニーズに応える製品を開発することで、パンテーンは「ヘアケア」という概念に革命をもたらしました。アメリカ国内だけでも 100 を
超えるヘアケア、スタイリング製品が存在していますが、その中でもお客様のヘアケアに対するすべてのニーズに応えているのが、パンテーンなのです。

2010 年 | 髪質に合った革新的ソリューション

パンテーンは、長年にわたる幅広い研究と数々の開発を経て、これまでの集大成とも言える革新的な製品を発表しました。「それぞれの髪質に最適なヘアケア製品」を作り上げたことで、すべての女性が理想の髪を手に入れられるようになったのです。