季節ごとにどんなトリートメントを使い分けたら効果的?

季節別で使い分けられるトリートメント製品

<春>
春は、だんだん湿度もあがってきて梅雨に向けて髪のうねりなどが気になる季節です。そこで、髪の水分バランスを整える効果のある洗い流すトリートメントと洗い流さないトリートメントW使いが効果的です。余分な水分を髪に寄せ付けずスルスルさらさら髪をキープして憂鬱な季節を乗り越えましょう。

<夏>
夏は、プールや海などレジャーで屋外にいることが多くなるため、紫外線によるダメージが気になる季節。なんと、髪が浴びる紫外線量は、肌の3倍*!そこで、洗い流すトリートメントはダメージケア効果の高い製品を使い、洗い流さないトリートメントは、紫外線ダメージから守る効果のある製品を使うことも効果的です。
*「毛髪」と「顔」表面で、外部にさらされている面積の比較、P&G

また、髪のダメージの影響が高いプールや海から上がった後はすぐに、真水で洗い流してクリームタイプの洗い流さないトリートメントを使うことをおススメします。

<秋>
秋は、夏に受けたダメージに気が付く季節です。紫外線は上からだけでなく、建物や地面などに反射するため、横からも下からも襲ってきて知らぬ間に髪はダメージを受けています。また、屋内にいたからといって安心はできません。エアコンの効いた部屋は空気がとても乾燥しているので、髪も乾燥ダメージをうけています。冬に向けてさらに乾燥の季節を迎えるので、秋は集中的にダメージをケアしたい季節です。そこで、スペシャルケア用の洗い流すトリートメントで集中的にダメージをケアしてしまうことをおススメします。

<冬>
冬は、乾燥して静電気が起きやすくなる季節です。ダメージヘアは髪の内部成分が流出して髪がどんどん乾燥してしまうので、静電気がより起きやすくなります。そこで、クリームタイプの洗い流さないトリートメントを使ってダメージケアと表面をコーティングし、ダメージを蓄積させないことが重要。べたつかず広い範囲に使用する事ができるので、外出先でも手軽に使って1日中ケアするのがおススメです。